Blog

私の描く空手の未来

このブログは熊本の水前寺にある空手道場、光進会の代表が空手における心の持ち方や日々の稽古での気づきや出来事を思うままに書き綴るブログです。

 

私が空手と出会って20年。

空手と共に生き、私から空手を取ったら何が残るのかと自他ともに認める程の空手馬鹿になってしまいました。

私はただ自分が夢中になれたこの空手という競技の魅力を多くの人に伝えたいと色んなことに挑戦し挫折しまた挑戦しを繰り返して今までやって来ました。

若い頃から夢見がちな少年できっと人よりも多くの失敗と感動を経験して来たのでは?と思っています。

きっとこの先も数えきれない程の喜怒哀楽が待っていると思います。

そんなわくわくするような一生を賭けられるモノに出会えたことを私は幸せに思います。

しかし、私達のしている空手とくにフルコンタクト空手はマイナースポーツでありプロという道はありません。

つまりフルコンタクト空手だけをして生活できる道はメジャー競技に比べて極端に狭いのです。

伝統空手がオリンピック競技になったことで伝統空手のプロ選手というのは現実味を帯びてきました。

一方、フルコンタクト空手は未だその競技から別の競技、例えばボクシングやキックボクシングや総合格闘技などの道への路線変更をしないとプロとして仕事としては成り立ちません。

私のように道場を開き、道場経営を仕事とする道もありますがこれも競技人口の少なさから容易なことではありません。

空手道場経営だけで生活をしている先生は全国で何人いるのでしょうか?

私も最初は空手の道場経営なんて生活できるのか?と親しい人達に言われ、道場生が何気なく自分は将来空手の先生になると言えばその親は苦笑します。

それはそうです、成功する確率つまりちゃんと仕事として成り立つ可能性が低いからです。

私の描く空手の未来。

それは、子供がキラキラして目を輝かせて空手の選手になるんだ。空手の先生になるんだと胸を張って言えるようなそんな時代を作ること。

難しいと思います。

けれど、それに挑む人間がいてもいいんじゃないでしょうか。

難しいからこそやりがいがあると思っています。

その難題には私一人のような小さい人間が挑んでもその夢は儚く散っていくでしょう。

同じような大志を抱く空手家を私は沢山知っています。

そんな人達と手を取り、協力して空手の未来をより良いものにしていきたいと考えます。

現状維持は衰退です、新しいことに挑戦してこそ成長があります。

失敗を恐れず、できることをやり続ける。

夢は見るものじゃなく叶えるものだから、今までもそうしてきたように山のようにある私の夢をこれからも実現していきます。

私の夢に乗せて道場生を光り輝かせる、それが光進会。

今日の写真は2ヵ月ぶりに稽古を再開した白川教室。

マスク着用、発声なしで静かな稽古でしたがみんな頑張ってました。

休憩中にみんなで外で水分と酸素の補給してる姿を後ろからパシャリ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
熊本水前寺にある空手道場 光進会では
子供からご高齢の方まで安心安全に自分のペースで練習できる空手道場です。
フィットネスとして、お子様の習い事として
お気軽にご連絡ください。

★熊本の空手道場光進会のフェイスブックはこちら

★入会案内と料金についてはこちら

【交通アクセス】
〒862-0950  熊本市中央区水前寺1丁目15-2-5F

※新水前寺駅より徒歩3分ほどの距離です
※駐車場はありませんのでお手数ですが近隣のコインパーキングをご利用ください

【お問合せ】
TEL:(096)387-1326

お問合せフォームはこちら

関連記事一覧

  1. みんなで消毒

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP