Blog

リテラシー

このブログは熊本の水前寺にある空手道場、光進会の代表が空手における心の持ち方や日々の稽古での気づきや出来事を思うままに書き綴るブログです。

 

今日はリテラシーについてのお話です。
リテラシーとは元々は読解記述力を指す言葉ですが、現代では正しく理解するという意味を指します。
日本人はこのリテラシーが足りないとあらゆる面で世界から揶揄されます。
最近では、不況のせいか金融リテラシーがないという言葉をよく耳にします。
この話が儲かると聞いたが騙された。
知り合いから紹介されたから、有名人が言ってたからなどで損をした。
これらは金融リテラシーの低さが招いた悲劇です。
さて、これは何もお金の話だけでなくスポーツや武道、そして仕事など全てに置いて言えるので私は今日リテラシーについて取り上げています。
私は空手家なので空手のことに着目して説明いたします。
なので、空手リテラシーとでも言いましょうか(笑)
まず、空手はこうだ。
というイメージをそれぞれが持っていると思いますが、それは誰がどう言っていたからそう思うのか?
貴方がそれを体験していなければ、それは机上の空論でしかありません。
最近ではネットが発達して色んな人が試合や稽古の動画を上げていて、これが正しいと勝手に都合の良い解釈をしていきますがそれは本当に自分や自分の子供にとって正しいのか?
これは本当に真剣に空手に向き合っている競技者にしかわからないことです。
自分の中で都合よく勝手に解釈した理想論を後輩や子供に押し付けるのはただのパワハラです。
人に何かを説くのならば、自分のリテラシーを高めて周りから認められる実力をつけてから説くべきです。
それがわからずに自分の理想や正しいと思う価値観を他人に押し付けるのは周りから見たら哀れでしかありません。
あらゆる物事のリテラシーを高め、自分の答えを出して生きることが人生を豊かにします。
テレビが言ってたから、あの人が言ってたから、常識がこうだからという理由で自分の進路を決める人間に成功は訪れません。

今日の写真は、先生が出稽古に行ってる間に道場を守ってくれる小学生先生の写真と、強化稽古の日の綺麗な後ろ回し蹴りとそれを避ける小学生。

いつも良い写真が撮れるのは被写体の小学生が素晴らしいからです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
熊本水前寺にある空手道場 光進会では
子供からご高齢の方まで安心安全に自分のペースで練習できる空手道場です。
フィットネスとして、お子様の習い事として
お気軽にご連絡ください。

★熊本の空手道場光進会のフェイスブックはこちら

★入会案内と料金についてはこちら

【交通アクセス】
〒862-0950  熊本市中央区水前寺1丁目15-2-5F

※新水前寺駅より徒歩3分ほどの距離です
※駐車場はありませんのでお手数ですが近隣のコインパーキングをご利用ください

【お問合せ】
TEL:(096)387-1326

お問合せフォームはこちら

 

関連記事一覧

  1. みんなで消毒

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP